About naofumimomotani

この作成者は詳細を入力していません
So far naofumimomotani has created 81 blog entries.

Post O’Alls A-Ⅲ Pack by Ballistics

Post O’Alls A-Ⅲ Pack by Ballistics 『ミリタリー、モーターカルチャー、アウトドアをデザインの基として、人の役に立つ物、愛着がもてる物を作ります』をコンセプトに掲げるBALLISTICS INDUSTRIESに別注をかけたPOST O’AllsのA-Ⅲ Pack。 ポストの鞄は約20年ぶりのリリースとなります。 [...]

2023-02-08T09:49:27+09:002023.02.08|LOG, NEWS|

Frank Leder Vintage Fabric Edition Old Style Stand Collar Wool Shirt

至高のデザイナー、フランクリーダー 古き良き時代の手仕事の良さを、素材やスタイルに落とし込み、決して大量生産の洋服ブランドには辿り着けない、孤高の存在フランクリーダー。 Vintage Fabric Edition その唯一無二のコレクションの中には、ビンテージファブリックエディションという、過去10年間のコレクションで使われた希少な生地を使用し、フランクのスタジオで生産される世界限定20着のカテゴリーがあります。 目を惹くビンテージファブリック 今回は古い織り機でゆっくりと織られたであろう表情豊かなウールの生地を、贅沢にも3種類使用したスペシャルなシャツです。 この生地も恐ろしいほど良い生地で、ウール特有の温かみ、起毛感と、柔らかさ、軽さ、独特のリズムのある織り柄。 それぞれが目を惹く生地ですが、穏やかなトーンでまとまっているので、パーツによって色が違っても不思議と調和が取れています(フランクのセンス)。 [...]

2023-02-02T18:12:05+09:002023.02.02|LOG, NEWS|

Frank Leder Vintage Czech Hand Woven Wool Jacket

フランクが驚いた手織りの生地 チェコの首都、プラハの古い仕立て屋に眠っていた手織りの生地。 フランクリーダーをして特別な発見だと言わしめたこの生地は、チェコのシレジアという地方にある、もう閉鎖されてしまった織物工房の生地でした。 他のウールの生地とは一線を画す、手織りならではの独特のリズムと、立体的な奥行きのあるユニークでとても味わい深い素材です。 良い生地を良い技術で仕立てる 良い素材が活きるよう、仕立てに関してはとてもシンプル。 ドイツの伝統的なワークジャケットの形を踏襲しながらも胸ポケットを取り、丈夫な馬布で裏張りされているので、ジャケットとしてだけではなく、コートのような着方もできます。 醸し出されるオーラ なんせそこにあるだけで醸し出されるオーラが凄いので、できるだけシンプルに着て頂きたいです。 フランクリーダーはとにかく生地が凄い。 [...]

2023-02-01T16:20:37+09:002023.02.01|LOG, NEWS|

Frank Leder DEUTSCH LEATHER BOMBER JACKET LEATHER SLEEVE

ドイツの革 フランクリーダーの代表的な生地として長く愛されてきた通称『ジャーマンレザー』。 元々は大工さんが着ていた超タフな生地で、実はレザーではなくコットン100%のモールスキンなのですが、僕が知る限り一番強くて硬いとても着にくい生地です。 じゃぁなんでわざわざこの生地で洋服を作るのか、と思うんですけど、フランリーダーの想いとしては、手に取っていただいた方々に『マイヴィンテージ』を長い年月をかけて完成させてもらいたい。そんな気持ちで一つ一つ丁寧に、真剣にモノ作りを行っているんですねぇ。 フランクめちゃくちゃ真面目なんです。 育てたいから裏側 少し起毛感のある表面は、実は裏側で、着用を繰り返すことで毛羽がおさまっていき滑らかになります。 ジャーマンレザーに関して、確実に言えるのは、今年よりも来年、再来年と一緒に過ごす月日が着心地に変わっていき、最初からは考えられないような柔らかさになっていく事。 より味わい深く熟成されていく事。 工場が閉鎖し幻の生地へ [...]

2023-01-30T19:35:52+09:002023.01.30|LOG, NEWS|

SASSAFRAS Diggin Shirt Twill Check

ササフラスの定番シャツジャケット 太目の糸で織られたヘビーツイルを採用した今季のDiggin  Shirt。 発色の良い赤チェックと、落ち着いた印象の白チェックの2色展開です。 不思議な肌触り 太番手の糸でざっくりと織り上げられたヘビーツイルの生地感と、大きめのチェックが新鮮な印象を与えてくれます。 リラックスフィット ゆったりしたフィットなのでシャツジャケットとしての着用も可能です。 無地のシャツや、春先はカットソーと合わせて羽織りものとしても使えます。 若干のマイナーチェンジ [...]

2023-01-23T19:18:10+09:002023.01.23|LOG, NEWS|

QUILP DUNN Pull Over Shirt

Pull Over Shirt 毎シーズン楽しみにされている方が多いQUILPのイングランド製シャツ、早々にお店から姿を消してしまったTEAL(緑っぽい青)と春っぽいSTONEを今季はセレクトしてます。 深めのプルオーバー かなり深めに取られた前立てとすっきりとしたスタンドカラー、両胸の大きいポケットと大きめなのにバランスよく配置されたフロントボタン。 QUILPらしい、いわゆる定番とはまた違ったアプローチのプルオーバーシャツ。 重ねてもよし、重ねられても良しな使い勝手の良いシャツです。 安定のBrisbane Moss [...]

2023-01-22T17:27:04+09:002023.01.22|LOG, NEWS|

QUILP Sniper  Poncho with HAINSWORTH Blanket

Sniper  Poncho with HAINSWORTH Blanket QUILP渾身の新作アウターBALZARY。 スナイパーポンチョにウールブランケットがドッキングしたハイブリッドなコート(横文字多め)。 100人いたらいったいどれくらいの人が共感してくれるかはさておき、ここまでとんがった物作りを品質本位の素材を使って表現するからQUILPの仕事はいつも僕の心を撃ち抜いてくれます(スナイパーだけに)。 British Millerain社製の生地 [...]

2023-01-09T19:37:20+09:002023.01.09|LOG, NEWS|

新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。 2023年も皆様にとって良い一年になりますように🐇 『kadoが目的地となる事』 『小さくても町に良い影響を与える事』 変わらず、コツコツと続けていきます。 今年もよろしくお願い致します。   2023年1月2日 kado

2023-01-02T17:10:51+09:002023.01.02|LOG, NEWS|

kado 年末年始のお知らせ

今年も一年ありがとうございました。 皆様、良い年末年始をお過ごし下さい。   山側の洋服屋は本日が年内営業最終日です。 海側の飲食店は本日貸切営業となります。 明日30日から1月5日までお休みを頂きます。 ご迷惑をお掛け致しますが、その間は発送業務もできません。 1月4日から順次発送させて頂きます。 ご理解下さい。  

2022-12-29T10:33:54+09:002022.12.29|LOG, NEWS|

QUILP MASON Military P-Coat

冬の名作の新解釈 冬のカジュアルアウターとして、または軍用として、その歴史を辿ると300年以上前から着続けられているピーコート。 今年は何だかピーコートな気分だったので、満を持してQUILPのピーコートをセレクトしました! 既視感のないピーコート 基本的なピーコートとしての要素は搭載されているものの、一筋縄ではいかないのがQUILP。 まずボタンが10個も並んでません。 必要最小限の機能、シンボリックな大きいボタンが1個だけ笑。 それだけで、目垢がついた『ピーコート』ってカテゴリーから、片足を突っ込んだまま抜けた感じになるから不思議です。 自由な着方 ボタンをとめて着た時のさっぱりとしたクリーンな感じ良いですが、外してきた時の前合わせの広がり方や、リラックス感、シンボルのような目を惹く大きなボタンとのバランスがとても良い。 [...]

2022-12-24T19:44:19+09:002022.12.24|LOG, NEWS|

タイトル

Go to Top